〒763-0082 香川県丸亀市土器町東7-453

0877-58-4848

0877-58-4848

E-mail : happy@hanarabi.gr.jp

 
 
 

矯正治療例

●矯正治療が必要な歯ならびとは

3.下顎前突

3.下あごが出ていて、かみ合わせが逆になっている。
 =受け口

治療前
▲下顎前突(口元)
▲下顎前突(右側面)
▲下顎前突(オーバージェット)
▲X-Ray(正面)
▲X-Ray(正面)
▲X-Ray(口元)
治療後
▲下顎前突(口元)
▲下顎前突(右側面)
▲下顎前突(オーバージェット)
▲X-Ray(正面)
▲X-Ray(正面)
▲X-Ray(口元)
 
主訴 反対咬合 診断名 上顎に著しい叢生を伴う下顎前突症例
初診時年齢 7歳8ヶ月 動的治療期間 24ヶ月
抜歯部位 抜歯部位
使用装置 0.018"×0.025" standard edgewise
その他の装置 なし
保定装置 上顎 Begg Type Retainer、下顎 Begg Type Retainer
治療費用(税別)
装置料 プラスチック(Ⅱ期治療のため差額35万円) 処置料 1万円×24回
保定装置料 6万円 経過観察 3千円×4回
診断時の特記事項
顔貌所見 正貌はほぼ左右対称、中顔面部は若干劣位であり、下口唇が突出していた。
口腔内所見 オーバージェット-3.0mm、オーバーバイト4.0mmと反対咬合を呈するが、大臼歯関係は左右側ともアングルT級である。上顎に著しい叢生が認められた。
X-ray所見
セファロ所見 骨格的には下顎骨が前方位にあり、上顎に対して下顎が優位なバランスである。上顎前歯の舌側傾斜および下顎前歯の舌側傾斜が認められた。
パノラマ所見 上下顎両側に第三大臼歯が認められた。
批評・予後・リスク
批評・予後 上下顎第一小臼歯抜歯により上顎は叢生の改善、下顎は前歯部の後退により緊密な咬合が獲得され、バランスのとれた口元に改善された。
リスク 今後上顎第三大臼歯萌出による咬合への影響が懸念される。